今夜は筋肉の為、ささみとモロヘイヤの納豆炒めを食べながら石垣島でのお見合いパーティー大作戦を観ています。

石垣島いいなー(長音記号2)羨ましなあー(長音記号2)バラ住みたいなexclamation貝という思いも強くなりました。

バーオーナーの方、上手くいって欲しい☆彡

公務員の方も上手くいって欲しいです。

望月さん、色白美人ですね。ー(長音記号2)ひまわり

二十歳の村上さんの純粋な想いに感動しました。
ひまわり

一途な想い、心が綺麗な方はやはりキラキラ輝いて見えました。

先日、近所の小さな居酒屋に行きました。
そこは地元の人が集まる居酒屋です。

僕は一人で2軒目として、その店に入りました。そこにはもう10回位来ています。

コの字型のカウンターだけの店で、60歳~70歳位の少し派手なオバサンとその仲間と見られるオジサン二人がお客さんで居ました。

僕は悪気も何にもなく、ただそのオバサンとオジサンの会話が目立ったので、そっちに顔を向けて黙って話を聞いていたら、

いきなりオバサンが『やだね~あいつずーっと見てるよ』と僕に対して言いました。

僕はただ店長が地元の仲間が集まる店と唱っているアットホームな居酒屋さんなので、話を聞かなきゃ、お年寄りだから聴いてあげよう、という感覚しか無かったのですが、初対面のオバサンに嫌われたような事をいきなり言われて、正直ショックでした!
しかも地元だし。

そのオバサン、オジサンのお陰でせっかく引っ越して来た大田区を好きになれなくなっています。

その苦悩から抜け出し、自由に気にせずに近所に出掛けられるにはどうしたら良いのでしょうか?!

真剣に悩んでいます。